TOPページ > 電力の安全 > PCB含有電気工作物に関する手続きの方法と様式

ポリ塩化ビフェニル(PCB)含有電気工作物に関する手続きの方法と様式について

(お知らせ)
 平成28年9月24日より、手続きに必要な様式が変更となりましたので、以下の様式を使用して届出してください。

1.ポリ塩化ビフェニル含有電気工作物設置等届出書(様式第13の2)
(1)様式ダウンロード

PDF形式 Word形式

(2)届出が必要となる場合

・現在使用している電気工作物に、PCBが含有していることが判明した場合

・既に使用届出書が届け出られている事業場を譲り受けた場合

(3)届出期限

・判明した(譲り受けた)後遅滞なく

(注1)分析により、PCBが含有していることが判明した場合には、分析の記録を添付してください。

2.ポリ塩化ビフェニル含有電気工作物変更届出書(様式13の3)
(1)様式ダウンロード

PDF形式 Word形式

(2)届出が必要となる場合

・設置者の名称及び所在地に変更があった場合

・事業場の名称又は所在地に変更があった場合

(3)届出期限

・変更の後遅滞なく

3.ポリ塩化ビフェニル含有電気工作物廃止届出書(様式13の4)
(1)様式ダウンロード

PDF形式 Word形式

(2)届出が必要となる場合

・既に使用届出書によって届け出られている電気工作物を廃止した場合

・電気工作物に、PCBが含有されていることが判明し、直ちに当該電気工作物を廃止した場合

・既に使用届出書を届け出ている事業場を譲り渡した場合

・以下に掲げる使用中の変圧器であって、課電洗浄を行い、PCB含有濃度が0.3mg/kg以下とな

 った場合

イ.銘板絶縁油量2,000L以上かつPCB含有濃度が、5mg/kg以下であること

ロ.変圧器本体に付随し、本体の絶縁油とは別系統となっている以下の部位でPCB含有濃度 

 が、5mg/kg以下であること

  ①負荷時タップ切換装置(LTC)及び浄油機

  ②エレファント

  ③感温部

ハ.変圧器本体に付随するブッシングが以下に掲げるものであること

  ①共油型

  ②密封型及び共油・密封共存型であって、絶縁油中のPCB濃度が0.5mg/kg以下のもの

  注)PCB濃度が測定できないもの、又は絶縁油中の濃度が0.5mg/kgを超えるものは対象外

ニ.当該変圧器本体に中間室(開閉器との接続部)が付随しないものであること。

(3)届出期限

・廃止の後遅滞なく

(注1)分析により、PCBが含有していることが判明した場合には、分析の記録を添付してく

   ださい。

(注2)課電洗浄を行い、廃止届をする場合には、課電自然循環洗浄実施報告書及び添付書類

   の写しを添付するとともに、届け出の際に同報告書の原本を提示してください。

4.ポリ塩化ビフェニル含有電気工作物の絶縁油漏洩に係る事故届出書(様式第13の5)
(1)様式ダウンロード

PDF形式 Word形式 

(2)届出が必要となる場合

・電気工作物の破損その他の事故が発生し、絶縁油が構内以外に排出された、又は地下に
  浸透した場合

(3)届出期限

・事故の発生後可能な限り速やかに

5.高濃度ポリ塩化ビフェニル含有電気工作物管理状況届出書/高濃度ポリ塩化ビフェニル含有電気工作物管理状況変更届出書(様式第13の6)
(1)様式ダウンロード

PDF形式 Word形式 

(2)届出が必要となる場合

<管理状況届出書>

・高濃度ポリ塩化ビフェニル含有電気工作物を現に設置している又は予備として有している場合

<管理状況変更届出書>

・直近に届け出た管理状況届出書に記載した高濃度ポリ塩化ビフェニル含有電気工作物を
  廃止する予定の年月を変更する場合

(3)届出期限

<管理状況届出書>

・翌年度の6月30日までに遅滞なく。

<管理状況変更届出書>

・変更発生後、遅滞なく

6.各種様式記載例

・記載例

7.関係法令
関係法令ダウンロード

・ポリ塩化ビフェニルを含有する絶縁油を使用する電気工作物の使用及び廃止の状況の把握並びに適正な管理に関する標準実施要領(内規)

・微量PCB含有電気機器課電自然循環洗浄実施手順書

 ・電気関係報告規則及び電気設備に関する技術基準を定める省令の一部を改正する省令について(PCB関係)

8.PCB廃棄物の適正な処理促進に関する説明会

PCB(ポリ塩化ビフェニル)は、燃えにくく電気絶縁性に優れていたため、変圧器やコンデンサー等の電気機器の絶縁油として広く使用されていました。しかし、有害であることが判明したため、現在では製造や新たな使用は禁止され、処分するためには期間内に特別な手続きが必要です。

特に高濃度PCB廃棄物は、令和4年3月末まで(関東管内)に必ず処分しなければならず、使用中の変圧器・コンデンサーについても処分期間内に使用を終え、処分する必要があります。処分に当たっては、中間貯蔵・環境安定事業株式会社(JESCO)に処分委託を行わなければなりません。

低濃度PCB廃棄物についても令和9年3月末までに、環境大臣が認定する無害化処理認定施設等へ処分委託を行わなければなりません。

このようなPCB廃棄物の確認・処分方法、処理体制の効率化に向けた取組み、具体的な掘り起こし・発見事例等、最新の情報を広くご紹介します。

  •   令和元年度PCB廃棄物の適正な処理促進に関する説明会別ウィンドウで開きます
  • 9.その他参考情報

    関東東北産業保安監督部をはじめ、管内関係団体等が共同で、PCB含有電気工作物早期処理促進に向けたパンフレットを作成しました。 設置者等へのPR資料としてご活用下さい。

    PCB含有電気工作物早期処理促進に向けたパンフレット



    [お問い合わせ先]

    関東東北産業保安監督部

    電力安全課 安全推進係

    電話 048-600-0387

    ページトップへ