TOPページ > 電力の安全 > 自家用電気工作物に関する手続きの方法 > 工事を行う

既設の自家用電気工作物について変更の工事を行う場合

  既設の自家用電気工作物に対し工事を行う場合(変更の工事)、特別高圧受電の事業場及びばい煙(騒音・振動)発生施設に該当する自家用電気工作物であって、当該工事が事前届出を要するものであれば、その着工30日前までに所管産業保安監督部へ届出なければなりません。

工事計画関連書類
工事計画届出書

 事前届出を要する工事を行う場合、工事着工30日前までに届出が必要です。

 詳細は電気事業法施行規則第65条第1項第一号による別表第2および電気事業法施行規則第65条第1項第二号による別表第4を参照ください。

 

(事前届出が必要な工事の例)

ページトップへ