TOPページ > 電力の安全 > 自家用電気工作物に関する手続きの方法 > 保安規程の内容を変更

保安規程の記載内容を変更した場合

  設置者の社名、事業場名称、保安に関する組織図、電気主任技術者の執務形態、点検・手入基準の変更等、保安規程の内容を変更した場合はその変更内容を遅滞なく届出なければなりません。(電気事業法第42条)

保安規程関係書類
保安規程変更届出書docファイルダウンロード:別ウィンドウで開きます pdfファイルダウンロード:別ウィンドウで開きます
  • ・変更の内容に依らず、変更を必要とする理由書を添付してください
  • ・必要に応じ、新旧の組織図、構内図等を添付してください。

  電気主任技術者が所属している管理会社が変更になった場合、主任技術者の変更有無に関わらず、設置者と管理会社間の自家用電気工作物の保安監督に係る業務の委託契約書(仕様書等を含む、原本又は写し)を提示いただく必要があります。
(当該委託契約書において、「主任技術者制度の解釈及び運用(内規)pdfファイルダウンロード:別ウィンドウで開きます」(改正:平成31年3月11日付け20190304保局第1号)の1.に規定する要件が満たされているか否かの確認をします。)

 関連項目
 主任技術者の選任について(よくある質問のページ)
 電気主任技術者制度に関するQ&Apdfファイルダウンロード:別ウィンドウで開きます(経済産業省 PDF形式/482KB)
保安規程

 全条文変更など大幅に変更のあった場合、新しい保安規程を提出して下さい

 

ばい煙(騒音・振動)発生施設関係書類
ばい煙(騒音・振動)発生施設に関する変更届出書 docファイルダウンロード:別ウィンドウで開きますpdfファイルダウンロード:別ウィンドウで開きます

 社名・事業場名を変更した場合で、ばい煙(騒音・振動)発生施設に該当する自家用電気工作物がある場合のみ提出して下さい。


  関連項目
  ばい煙(騒音・振動)発生施設について
  PCB届出制度について