TOPページ > 電力の安全 > 外部委託承認制度

保安管理業務外部委託承認制度について

 平成28年12月1日以降に契約する外部委託契約書には高濃度PCB含有電気工作物であるか確認する項目を記載することが義務づけられました。
改正内容の詳細:説明会資料へリンク 


 このページでは、保安管理業務外部委託承認制度に関する情報を掲載しています。

 

参考

外部委託承認申請における審査期間等について(保安ネットを利用した申請の要請について(重要))pdfファイルダウンロード:別ウィンドウで開きます(PDF形式/141KB)
自家用電気工作物の標準的な点検項目についてpdfファイルダウンロード:別ウィンドウで開きます(PDF形式/7.1KB)
主任技術者制度の解釈及び運用(内規)pdfファイルダウンロード:別ウィンドウで開きます (経済産業省 PDF形式/346KB)
点検頻度等に関する告示(経済産業省告示第249号)pdfファイルダウンロード:別ウィンドウで開きます (経済産業省 PDF形式/179KB)
承認基準チェックリストpdfファイルダウンロード:別ウィンドウで開きます(EXCEL形式/49.5KB)
電気保安法人一覧pdfファイルダウンロード:別ウィンドウで開きます(PDF形式/195KB)

   ※外部委託先については、電気保安法人のみでなく、個人の電気管理技術者に委託することも
    可能です。なお、個人の電気管理技術者からなる協会、組合等の団体もあります。

主任技術者制度の解釈及び運用(内規)4.(7)③イただし書適用の考え方pdfファイルダウンロード:別ウィンドウで開きます(PDF形式/216KB) 
電気主任技術者制度に関するQ&Apdfファイルダウンロード:別ウィンドウで開きます(PDF形式/509KB) 

ページトップへ

主任技術者を選任しないことができる事業場について

  電気事業法施行規則第52条第2項の規定により、自家用電気工作物であって下記に掲げる事業場の工事、維持及び運用に関する保安の監督に係る業務の委託契約を、一定の要件に該当する者と締結しているものであって、保安上支障がないものとして所轄産業保安監督部長の承認を受けた場合には、電気主任技術者を選任しないことができる。

  • 1.出力5,000キロワット未満の太陽電池発電所であって電圧7,000ボルト以下で連系等をするもの
  • 2.出力2,000キロワット未満の発電所(水力発電所、火力発電所及び風力発電所に限る。)であって電圧7,000ボルト以下で連系等をするもの(設置の工事のための事業場)
  • 3.出力2,000キロワット未満の発電所(水力発電所、火力発電所及び風力発電所に限る。)であって電圧7,000ボルト以下で連系等をするもの
  • 4.出力1,000キロワット未満の発電所(太陽電池発電所、水力発電所、火力発電所及び風力発電所を除く。)であって電圧7,000ボルト以下で連系等をするもの(設置の工事のための事業場)
  • 5.出力1,000キロワット未満の発電所(太陽電池発電所、水力発電所、火力発電所及び風力発電所を除く。)であって電圧7,000ボルト以下で連系等をするもの
  • 6.電圧7,000ボルト以下で受電する需要設備(設置の工事のための事業場)
  • 7.電圧7,000ボルト以下で受電する需要設備
  • 8.電圧600ボルト以下の配電線路を管理する事業場

参考

よくある質問

ページトップへ