TOPページ > 電力の安全 > 火力発電所に係る法令遵守の徹底について

火力発電所に係る法令遵守の徹底について

平成28年1月22日 

 

 国内で稼働中の火力発電所においては、法令遵守に基づいた自主保安として、環境規制遵守はもとより様々な環境配慮の取組を進めてこられている中、今般、常磐共同火力株式会社(法人番号 1010001024491)勿来発電所において、ばい煙に係る排出ガス量データを長期にわたり不適切な処理をしていたという事実が明らかとなりました。

 今回の事案に鑑み、同様事案の発生防止に向け、電気事業法及び大気汚染防止法等の法規制に係る法令遵守の徹底をお願いします。また、法令遵守に係る従業員教育なども実施していただけるよう合わせてお願いします。

 なお、当部としては、同様事案の発生防止に向けて、必要に応じて法令遵守状況等の確認を行うなど適切な指導監督を行ってまいります。 


【事案の概要】
 ・平成28年 1月22日 勿来発電所の排出ガス量データにおける虚偽報告に関する調査結果について(常磐共同火力株式会社)
 ・平成28年 1月16日 常磐共同火力株式会社に対する報告徴収について(関東東北産業保安監督部東北支部)
 ・平成27年12月16日 勿来発電所の排出ガス量データにおける虚偽報告について(常磐共同火力株式会社)



[本ページに関するお問い合わせ先]

関東東北産業保安監督部

電力安全課

電話 048-600-0392

ページトップへ